質は青汁

人気記事ランキング

ホーム > メンタルヘルス > 精神内科の医者

精神内科の医者

アスペルガーの障害として、その一日に起こった事件や、感情を何日も引きずってしまったり、就寝前に思い出してしまって、眠りの阻害をしてしまっていた日々が長くありました。眠れない日にちが続いてしまったり、先入観が強すぎて、荒々しい動悸を起こすようになってきたので、精神内科に往くことにしました。医薬で少々、抑えつけることが出来ましたが、医薬品で全部を治せる訳ではなく、先生とのおしゃべりで、アスペルガーによる知力の浮き沈みを自分自身で抑制出来るようになりました。

精神内科の医者に、何人か会って処方してもらったりしましたが、ドクターによって、見解もすっかり違い、処方箋ももちろん異にするし、合わないと思う先生もいたので、静穏にジャッジ出来る人が側にいてもらい、異なる向きから医者をみてもらうのも必須ですが、その先生によって、自己のこの後も変わってしまうので、辛さを明かすドクターも、選んだ方がいいです。

アスペルガーADHD改善マニュアルのレビューはこちら

元々血液循環がスムーズでない人は、39度前後のぬるま湯で半身浴をして血流を良くしましょう。体内の血流が良くなれば、脳の代謝も活性化されることになるので、憂うつ予防にもなります。